NPO法人 札幌微助人倶楽部とは?

札幌微助人倶楽部は1996年12月、高齢化の到来を見据えて、困ったことがあったら会員同士で助け合おうと福祉、介護に関心を持つ会社経営者、団体役員、ヘルパー資格を持つ人たちで設立されました。1999年8月、特定非営利活動法人(NPO)の認定を受けて活動し、現在は1700人を超す会員が在籍しています。全国的にもユニークな生活支援有償ボランティア組織です。

2006年北海道福祉のまちづくりコンクール奨励賞、2012年道新ボランティア奨励賞、2017年札幌社会福祉協議会会長表彰を受けるなど各方面から高い評価を受けています。2010年8月uhbテレビ、2016年HTBテレビ「シリーズ 老いるショック」などテレビ各局の特集番組でも取り上げられました。

新聞各紙、雑誌の取材対象にもなっています。2017年1月9日付けの北海道新聞は当倶楽部が20周年を迎えたことを生活面シニア欄ほぼ全ページを使って記事を掲載しています。北海道社会福祉協議会機関誌「明るい社会」などさまざまなところで紹介されました。

2000年の公的介護保険の施行で活動が競合し、事業が停滞して赤字財政を余儀なくされる時期もありましたが介護保険では足りない部分を補う役割が理解され会員、介護実績は順調に伸びています。この数年は移動が困難な会員を病院、買い物などへ送り迎えする移送サービスに需要が高まっています。

当倶楽部の理事、監事は以下です。

会長児玉芳明
理事長芝山  恵
理事大久保節子、小山邦子、伊藤康子、縄田圭一、佐坂悦子、東松羊一、藤田  洋 (順不同)
監事横田正樹

事務局 表彰式 道新 社協1
HTB1 HTB2 HTB3 社協2

助け合いましょう

自由な時間を誰かのお役に立てたいと思っている方、家族や身近な手助けが足りなくてお悩みの方、
介護保険のサービスでは十分でなくてお困りの方へのご案内
地域のみんなが微(ささやか)に助け合う
民間組織(NPO)です。

お問い合わせはこちらから
mail:sapporobiscuit@rice.ocn.ne.jp
ビスケット倶楽部シンボル